MENU

【呪術廻戦】領域展開

目次

呪術戦の極致

領域展開は術式の最終段階であり、呪術戦の極致とされている技。実際、習得し自在に使いこなせる術師はごくごくわずか。結界術の習得は非常に難しいらしく、領域展開を使えるようになった伏黒も現実空間にスケールの異なる擬似空間を重ねる感覚をつかめずに苦労していた。現実空間を領域に転用することも可能で、伏黒が体育館のスペースを転用し、本来未完成の領域を完成形として展開するという技術をやってのけた。

術師の中にある生得領域を体外に創り出し、そこに相手を引きずり込む技となっている。発動する際は基本的に印を組む動作を要する。

結界術の一種で閉じ込めることに特化している。逆に、外からの侵入は容易い(そもそもわざわざ侵入するメリットがないので当然ではあるが)。

術式が必中となる

領域展開の効果は大きく分けて2つ。

  1. 環境要因による術者のステータス上昇
  2. 領域内で発動した術者の術式の必中

自身に有利な領域を展開することで、環境要因によるステータス上昇、ゲームでいう「バフ」効果を得られることが五条の口から語られている。

また、領域内では術者の術式が必ず命中する。ただ、あくまで命中するだけで呪力によって防ぐことは可能。術式によっては「命中した時点で勝敗が決する」といった類のものもあるため(真人の「無為転変」など)、そういった術者が領域展開を発動すると領域に捕えた瞬間に勝ちが確定するといった凶悪な技に仕上がってしまうことも。

このように非常に強力な効果を有する領域展開だが、呪力の消費が膨大という弱点もある。一度使用すると回復に時間が必要で、基本的に短時間の内に何度も領域展開を発動することはできない。領域解除後は術者の術式が焼き切れ、一定時間術式の仕様が困難になってしまうというデメリットがあるため、何らかの形で破られた時は敗色濃厚になってしまう諸刃の剣の技となっている。

かつては術師にとってスタンダードな技術だった

現在は使える術師がごく限られてしまっている領域展開だが、かつてはスタンダードな技術だったことが天元の口から語られている。現在の領域展開は領域に入れ込んだ時点でほぼ勝利確定の「必中必殺」のものがほぼだが、かつての領域展開は「必中」のみに効果を縛っていたため構築するハードルが低かった。後々、「必殺」にもこだわるようになり、領域構築のハードルが上がってしまい使い手が激減しまったということが作中で明かされている。また、秤のように必中効果が無害な場合、領域の押し合いに強く術式の発動も速いという特殊効果が付与されることもある。

対処法

「発動した時点で勝ち」という領域展開もあるものの、完全に勝ち確というわけでもなく対処法も存在している。

ちなみに、真希や甚爾のような呪力0のような相手にはそもそも効かない。呪力0の術師は結界術において建造物などと同等の扱いとなるので、

  • 実物を結界の外殻として利用する
  • 本人の了承を得るまたは本人の意志で結界に侵入する

でもない限り領域に閉じ込めることはできない。仮に侵入してきたとしても呪力のない相手に必中効果は付与されないので、領域のメリットが激減してしまう。

呪力で受ける

術式は必中となるが呪力自体で受けることは可能。力量の差があれば領域展開を発動されても呪力だけで立ち向かうことは理論上可能である。

領域外への脱出

領域外への脱出も一応可能。ただ、領域は閉じ込めることに特化した結界術なので実際はほぼ不可能であり、五条悟からも「あまりオススメしない」と言われている。

領域展開で対抗

領域展開を習得している術師であれば、自身も領域を展開するのが主な対抗策となる。お互いが領域を展開した場合、必中効果を中和することが可能。力量に差がある場合、相手の領域を自身の領域に制圧することもできる。

簡易領域

平安時代の呪術流派「シン・陰流」創始者である芦屋貞綱によって考案された技。術式そのものは中和できないが、領域の必中効果は無効化できる。

領域展延

体に膜のように薄く領域を展開する技。領域展開の必中効果を中和することができ、触れた対象の術式も中和できる。領域展開の必中効果を中和できるという便利な技だが、発動中は生得術式を発動できないというデメリットもある。

落花の情

呪術界御三家秘伝の技。相手の必中の術式に触れた瞬間、自身の呪力を解放して身を守ることができる。

彌虚葛籠

簡易領域の原型となる技。簡易領域同様、領域の必中効果を打ち消すことができる。

一覧

伏魔御厨子

両面宿儺の領域展開。結界を閉じることなく生得領域が具現化されており(結界を閉じずに生得領域を具現化することは、キャンパスを用いずに空に絵を描くに等しい神業とされる)、他の領域展開と違い「相手に逃げ道を与える」という縛りが課されている。その代わり、領域の最大射程は半径200mという規格外の規模となっている。

呪力無い物ものには通常の斬撃である「解」を、呪力のあるものには対象の呪力量や強度に応じて自動で相手を卸す斬撃である「捌」を領域内に浴びせまくる。最大射程200mということもあり、攻撃地帯一帯は塵と化す。

蓋棺鉄囲山

術者は漏瑚。火山内部のような灼熱空間を展開する。溶岩の噴射や落石が必中となる。

無量空処

術者は五条悟。宇宙空間のような領域を展開する。領域内の相手に知覚や伝達といったあらゆる生きる行為に無限回の作業を強制させる。領域に捕らわれた時点で何の行動もできなくなってしまうので、現代の領域展開らしい「必中必殺」の技となっている。

自閉円頓裹

術者は真人。無数の手が格子のように相手を囲む領域を展開する。「手で触れた者の魂に干渉し肉体ごと形を変える」術式である無為転変が必中となるので、真人の領域展開も捕らえた時点で勝ち確の「必中必殺」の代物となっている。

朶頤光海

術者は花御。交流会襲撃時の虎杖・東堂相手に発動しようとしたが、五条の乱入により中断されてしまった。その後発動することなく花御が五条に殺されてしまったので、どんな領域か不明なまま終わってしまった。

嵌合暗翳庭

術者は伏黒恵。液状化した影で埋め尽くされた領域を展開する。領域内の影を無尽蔵に式神に変化させ攻撃したり、影で自身の分身を作ったりすることができる。まだ未完成で、相手を閉じ込めるだけの領域を展開することができず、相手は普通に脱出できる。

蕩蘊平線

術者は陀艮。ビーチのような領域を展開する。海から際限なく魚型の式神を呼び出すことができる。式神は敵に触れた瞬間に実体化する必中の攻撃となっている。

疱瘡婆の領域展開

術者は疱瘡神。墓石が立ち並ぶ領域を展開する。手を打ちつけることで術が発動し、「相手を棺桶の中に閉じ込め拘束する」→「墓石が棺桶の頭上から落下し、棺桶を地中に埋める」→「3カウントが始まり、3秒以内に棺桶から脱出できなければ病にかかって死亡する」という効果がある。3カウント開始までが必中効果で、カウントが終わる前に棺桶から脱出すれば死は免れる。

誅伏賜死

術者は日車寛見。ギロチン台が並ぶ法廷のような領域を展開する。刑事裁判を強制させ、その判決によって相手にペナルティを科すことができる能力が発揮される。この領域内ではお互いに直接的な攻撃はできない。必中効果のみで必殺効果はなく、の術師が使っていた領域展開に近いスタイルとなっている。

坐殺博徒

術者は秤金次。実在のパチンコ台をモデルにした領域。図柄を3つ揃えれば大当たりとなり、大当たりを引くと秤はボーナスを獲得できる。大当たり確率は1/239で、演出はリーチアクションによって期待度は変わる。大当たり直後の4分11秒はボーナスタイムとなり無限の呪力が漲るようになる。肉体が反射で反転術式を行い不死身となる。また、呪力と焼き切れた術式が回復するため、大当たりを引き続ける限りは何度でも領域を展開できる。

時胞月宮殿

禪院直哉の領域展開。投射呪法が必中となり、攻撃を受けた者は直哉と同じ動き方をしないと1秒止まってしまう。術式対象が細胞の一つ一つにまで適応され、一度体を動かすと細胞一つ一つの動きがズレて全身から流血してしまう。

▼他の呪術廻戦用語はこちら▼

あわせて読みたい
呪術廻戦用語一覧 灯泳者加茂家駆倶留隊夏油一派黒閃極ノ番御三家五条家日月星進隊呪胎九相図準1級呪術師準2級呪術師禪院家相伝の術式天与呪縛特別1級呪術師特級呪具特級呪術師特級呪物特...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次