MENU

【呪術廻戦】伏魔御厨子

この記事には最新話までのネタバレが含まれています。

両面宿儺の領域展開。宿儺の二種類の斬撃「解」と「捌」が必中となる。「解」は通常の斬撃。「捌」は呪力差・強度に応じて一太刀で対象を卸す斬撃。必中効果範囲内の呪力を帯びたモノには「捌」が建築物などの呪力のないモノには「解」が絶え間なく浴びせられる。凄まじい勢いで斬撃が浴びせられるので、必中必殺の領域と言って差し支えない。

結界を閉じずに展開するタイプの領域で、「相手に逃げ道を与える」という縛りで必中効果範囲が大幅に底上げされている。その範囲は御厨子を中心に最大半径約200mで、渋谷一帯を塵に変えていた。結界を閉じるタイプの領域も普通に展開できる。

結界を閉じないタイプの領域は、押し合う外殻が存在しないゆえ、通常お互いに領域を展開した際に発生する領域の押し合いが発生しない。代わりに、相手の領域内で必中効果が付与された術式の押し合いとなる。宿儺は縛りで術式効果範囲を底上げしているため、領域内から相手の領域を外から攻撃が可能となっている。「領域の結界は外からの攻撃には脆い」という特性があるため、外からの攻撃で相手の領域を一方的に破壊するという芸当も可能。もう反則である。

ちなみに御厨子は特別な意味や役割を持っていないただの領域のシンボルに過ぎず、破壊することはできず破壊する意味もない。

▼他領域展開はこちら▼

あわせて読みたい
【呪術廻戦】領域展開 【呪術戦の極致たる技】 呪術戦の極致とされている技。ファンブックの情報を見る限り、結界術・簡易領域の先にある技術。 術式を付与した生得領域を呪力で周囲に構築す...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「超呪術廻戦」運営者のカズヨシです。呪術廻戦の情報をなるべく詳細に情報開示しています。YouTubeでも解説・考察やってます。

コメント

コメントする

目次