MENU

【ボルト】科学忍具

この記事には最新話までのネタバレが含まれています。

目次

概要

新時代の忍具

第四次忍界大戦後、緊張緩和によってもたらされた各里の技術交流と、これまで軍事分野が秘匿してきたテクノロジーが民間に開放されたことによる爆発的な技術発展によってもたらされた新時代の忍具。

忍術を封印した巻物をセットすることでその術を誰でも使えるようになるものや、忍術を吸収する能力が備わった義手など非常に実戦的なものも開発されている。その一方で、普通の義手や義足のような民生分野への技術転用も活発に研究されている。任務中に片足を失くしてしまった忍犬の義足を開発し、再び歩けるようにするなど、実生活に活用できる科学忍具も生み出されている。

木ノ葉の独自部門として遠野カタスケが主導となり研究を進めていたが、青に精神操作されたことで殻に情報が流出し、殻も科学忍具の技術を活用している。アマドの手腕によりその技術力はカタスケのものを遥かに上回り、人間の体に科学忍具を適用し、大幅に戦闘力を強化したりしている。

「新しい忍を育てる中忍試験の趣旨に反してる」ということで、中忍試験での使用は禁止されている。

種類

科学忍具は主に四種に分類される。

コンデンサ型

チャクラ・コンデンサを用いて術の行使に必要なチャクラをチャージし、小型化された巻物内部の術を読み込むことで、封印された術を再生するシステム。機械の使い方さえ知っていれば、チャクラがなくとも、術を使えなくとも忍術を再現することができる。ボルトが中忍試験で使用した忍籠手が代表例。

バイオニック型

生体の延長としての人工義肢や人工臓器を指す。旧来の傀儡の技術や柱間細胞の技術が用いられており、人造の経絡系によって自己の肉体同様に忍術・体術を行使することができる。ナルトの義手が代表例。

増幅型

使用者のチャクラや術を増幅することで起動するタイプ。起動には術を使用するが、発現した事象そのものは純粋な物理現象として扱われる。壁に張り付く手袋などがこれに該当する。

一覧

忍籠手

煙閃光弾

強烈な音と光で感覚を麻痺させる煙と閃光を兼ねた弾。

あわせて読みたい
【ボルト】煙閃光弾 強烈な音と光で感覚を麻痺させる科学忍具。赤外線探知や低周波聴覚も無効化していく。 ▼他科学忍具はこちら▼ https://comicjiten.com/kagakuningu/

シジマ

すべての音を消す装置。

あわせて読みたい
【ボルト】シジマ すべての音を消す装置。特定の位相の音波をぶつけることでどんな音もかき消すことができる。共鳴の原理を逆に利用している。ただ、装置が大掛かりな上、あらゆる音を消...

チャクラ刀

自身のチャクラを刃とする刀。

あわせて読みたい
【ボルト】チャクラ刀 カタスケが開発した科学忍具。自身のチャクラを刃とする刀。いわばライトセーバー。柄の白いボタンを押しながらトリガーを引くことでチャクラの刃が生成される。抜刀状...

傀儡兵器

術者を要しない自律型の傀儡。

あわせて読みたい
【ボルト】傀儡兵器 術者を要しない自律型の傀儡で、科学忍具の一種。カワキを移送する飛行船に乗っており、カワキを守る番人として機能していた。印もなく口から火遁の忍術弾を放出するこ...

御鏡ドローン

チャクラを無線のように飛ばし、遠隔攻撃を行うことができる。青が使用していた。

あわせて読みたい
【ボルト】御鏡ドローン 青が使用する科学忍具。チャクラを無線のように飛ばし、遠隔攻撃を行うことができる。青は上空に飛ばし、雨のように術弾を降らしていた。 ▼他科学忍具はこちら▼ https:/...

▼他用語はこちら▼

あわせて読みたい
【ナルト・ボルト】用語一覧 【あ行】 大筒木一族 【か行】 改造人間 火焔山 科学忍具 殻 楔(カーマ) 【さ行】 忍組手 写輪眼 神樹 神術 【た行】 丹 チャクラ刀 チャクラの実 【な行】 忍者学校 ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「超呪術廻戦」運営者のカズヨシです。呪術廻戦の情報をなるべく詳細に情報開示しています。YouTubeでも解説・考察やってます。

コメント

コメントする

目次