MENU

【マッシュル】魔法界

この記事には最新話までのネタバレが含まれています。

みなが当たり前のように魔法を使い、当たり前のように魔法が日常にある世界。魔法は神から与えられたものとされ、魔法の巧拙によって身分が決まる世界となっている。

魔法を使えない人間は粛清対象のようで、アザのない人間をかくまうのは犯罪の模様。実際、マッシュが神覚者最終試験に臨むことが明るみになった際は「魔法が使えない時点で神から見放された存在なんだ」と暴動が起きており、魔法が使えない人間への風当たりは非常に厳しい。

アダム・ジョブズによって作られた社会である。はるか昔、魔法界は複数の小国に分かれていて、小国間での争いが絶えなかった。一人で一線魔導師数百人分に匹敵する二線魔導師が現れ、二線魔導師の台頭によって争いは激化。アダム・ジョブズはその二線魔導師をも圧倒する力で一人で争いを治め、以後「神覚者」と崇められ平和な魔法界を作り上げていった。

▼他用語はこちら▼

あわせて読みたい
【マッシュル】用語一覧 【あ行】 赤魔導師 アザ アドラ寮 イヴル・アイ 一線魔導師 無邪気な淵源 命のぜんまい イーストン魔法学校 自戒人 ヴァルキス魔学校 エルフ族 オルカ寮 【か行】 カラ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「超呪術廻戦」運営者のカズヨシです。呪術廻戦の情報をなるべく詳細に情報開示しています。YouTubeでも解説・考察やってます。

コメント

コメントする

目次