MENU

【黙示録の四騎士】希望(ホープ)

この記事には最新話までのネタバレが含まれています。

パーシバルの魔力。破壊型・付呪型・変性型・回復型・探索型の5種を扱える英雄型の魔力となっている。

パーシバルへの希望を自身の力へ変換することができる。パーシバルに希望を抱く人の数、そして想いの強さに比例して魔力も増大する。その結果、様々な能力を使いこなせるようになる。以下例。

  • 身体能力の強化
  • 回復
  • 飛行(他の者を飛行させることもできる)
  • オーラで身を守る
  • オーラを小さな分身にする
  • 相手の魔力を吸収し自身の魔力に付呪したり放出
  • オーラを巨大な手や剣といった形状に変え変え攻撃
  • 魔力を武器に付呪

回復力に関しては尋常ではなく、心臓を突き刺されるというどう考えても致命傷の傷を負っても完全に回復する。

パーシバルの魔力の化身であるミニパーシバルたちは自我を有しており、パーシバルの意志とは関係なく言葉を発したりする。また、周りの希望が膨大になるとミニパーシバルどころか等身大パーシバルの魔力となる。

この能力の真相はパーシバルの正体にある。パーシバルの正体は生命の精霊であり、希望によって生をもたらす存在になるが、絶望によって死をもたらす存在にもなる。

▼他魔力はこちら▼

あわせて読みたい
【黙示録の四騎士】魔力 【概要】 ブリタニアに住まう様々な生物たちが有する不思議な力。その力は様々で9つの型に分類される。2種類以上の型を有する例もあるが、それは稀。4種以上の型を有す...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「超呪術廻戦」運営者のカズヨシです。呪術廻戦の情報をなるべく詳細に情報開示しています。YouTubeでも解説・考察やってます。

コメント

コメントする

目次