MENU

【エルデンリング】破砕戦争

破砕戦争は女王マリカの子供たちであるデミゴッドたちが起こした戦争。女王マリカによって砕かれたエルデンリングは、大ルーンという破片となりデミゴッドたちの手に渡った。大ルーンを手にしたデミゴッドたちは力に狂い、親族同士の争い破砕戦争を引き起こしていく。戦いは熾烈を極め、最終的にデミゴッド最強であるラダーンマレニアが相討つことで終結した。破砕戦争に勝利者はいなかったのである。破砕戦争を引き起こしたことでデミゴッドたちは大いなる意志に見捨てられ、褪せ人たちが狭間の地に呼び寄せられることとなった。

プレイヤーを含めた褪せ人らは狭間の地を追放されていたため、破砕戦争が起きなければプレイヤーが狭間の地に呼び戻されることはなかった。ある意味、この物語を始める最重要トリガーとなっている。

▼他のエルデンリング用語はこちら▼

あわせて読みたい
エルデンリング用語一覧 陰謀の夜影従の獣エルデの王エルデンリング黄金樹黄金律大いなる意志神人黒き刃ゴッドウィンゴッドフレイ(ホーラ・ルー)ゴドリック死のルーン大ルーンデミゴッド二本...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる