MENU

【東京卍リベンジャーズ】梵(ブラフマン)のメンバー一覧

東京卍リベンジャーズ最終章で登場した愚連隊、梵(ブラフマン)。梵は主人公のタケミチが所属することになるチームで、重要なキャラクターが多いです。今回、梵についての概要や所属メンバーをまとめてみました。梵について改めて知って起きた方はぜひこちらをご参考ください。

目次

梵(ブラフマン)

新宿区を拠点とし、最強を謳う愚連隊で東京の三大勢力の一つ。六波羅単代・関東卍會と共に東京に君臨し、三天時代と呼ばれている。

あわせて読みたい
【東京卍リベンジャーズ】三天のチーム一覧 三天とは東京卍リベンジャーズに登場する3つのチームの総称。マイキーが所属する関東卍會やタケミチが所属することになる梵など、作中でも重要なチームが名を連ねていま...

マイキー率いる関東卍會を潰すことを目的としている。「不良の時代を創る」という志を失ってしまったマイキーを「このまま悪い大人になろうとしてんなら悪ぃ大人がぶっ潰す、それが梵の目的だ」と明司武臣の口から明かされた。

ただ、マイキーと揉めたいわけではなく、できる事なら揉めずに説得したいと考えており、マイキーが心から信頼しているドラケンと武道をスカウトした。

その実態は暴走族というよりヤクザに近く、暴力を売って金を稼いだりもしている。作中では買収斡旋に手を出し狙われることになった会社に暴力を売っていました。

ビルの地下で毎夜「B-1」という地下格闘技を主催しており、賭けによる資金集めと同時に、試合を通じて精錬された部隊を作り上げている。

六破羅単代の下っ端にドラケンが殺されたことを契機に勃発した三天戦争後、首領の千咒が解散を宣言したことで梵は解散することとなった。

梵(ブラフマン)のメンバー一覧

首領 瓦城千咒

梵の首領。正体は女子高生。本名は明司千壽で明司武臣と三途春千夜の妹。梵が主催する地下格闘技「B-1」でも頂点に君臨し、本気を出した強さは三天の一角のトップである寺野サウスを圧倒するほど。無比の瓦城千咒の異名を持つ。

No.2 明司武臣

梵のNo.2で初代黒龍副総長。佐野真一郎が率いる初代黒龍を日本一まで導いた。現代では梵天の相談役を務めている。軍神の異名を持つ。

大幹部 荒師慶三

梵の大幹部の一人で元黒龍親衛隊隊長。初代黒龍の最強コンビの一人で今牛と共に「生ける伝説」と呼ばれている。かつて西関東を仕切っていた日本最大のチーム螺愚那六の総長で当時は抗争の後、返り血でその巨体が染まることから赤壁(レッドクリフ)と呼ばれていた。通称ベンケイ。

大幹部 今牛若狭

梵の大幹部の一人で元黒龍特攻隊隊長。初代黒龍の最強コンビの一人で荒師慶三と共に「生ける伝説」と呼ばれている。螺愚那六に対抗すべき東関東12のチームが集まってできた煌道連合の元総大将。当時は白豹の異名で恐れられた。通称ワカ。

龍宮寺堅

元東京卍會副総長。実力は東京卍會の中でもマイキーに次ぐNo.2で、黒龍の精鋭100名を一人で圧倒するほどの実力を見せる。マイキーを説得する目的で梵にスカウトされた。愛称はドラケン。

花垣武道

元東京卍會壱番隊隊長。タイムリープ能力者で、未来を視る能力も発現させている。マイキーを説得する目的で梵にスカウトされた。

▼他の東京卍リベンジャーズ用語はこちら▼

あわせて読みたい
東京卍リベンジャーズ用語一覧 関東卍會サウザンドウィンターズ逆落三天初代黒龍二代目東京卍會芭流覇羅梵梵天六破羅単代
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次